Level_014|ハイパーリンクを設定する。

動画講座はこちらからどうぞ♪



(以下、ノートです。最終更新日:2015年12月2日)

ハイパーリンクという言葉を簡単に説明すると、「設定した文字をクリックすると、別の箇所に移動する」ということです。

どんなときに使うのか? 実用的に考えると……メモ代わりに使うことが多いかもしれないのですが、例を挙げるとこんな感じです。



Webメモ一覧ですね。

ブラウザの「お気に入り」に入れておけば済むことですけど、このURLの隣の行列に、ログインIDやパスワードをメモしておくことにも、データ保管術として使えるテクニックだと思います。

管理人が仕事でデータを取り扱っていたとき、Excelデータをフロッピーディスクに入れて保管していました。フロッピーディスクの保管場所と、読み込み機も別々の箇所にしまって……まるで脱出ゲームの謎を構築するように管理していましたね。

Excelでのハイパーリンク設定。それでは挿入手順をご説明しましょう。


上記キャプチャの「東京ディズニーランド」という文字に、ハイパーリンクを挿入します。まず、挿入するセルをアクティブセルにし、「挿入」タブをクリックします。

リボンの中央右側、ハイパーリンクというボタンをクリックします。



ハイパーリンクのダイアログボックスが登場します。



リンクはWebページだけではなく、ファイルを開いたり、そのExcelデータ内のセル移動したり、電子メールソフト(要Outlook)を起動したりします。

赤い四角の箇所だけ覚えれば十分です。新規作成を使うことはまずないでしょう。今回は一番上「ファイル、Webページ」のボタン内で、アドレスを入力していきます。



間違いのないように入力後、OKボタンを押します。



文字が青く染まりました。

これでハイパーリンクの設定がなされたということになります。あとはこの文字をクリックすれば、ブラウザが開いて、東京ディズニーランドのWebページに移動することが可能となります。

ハイパーリンクの設定は、右クリックからでも行うことが可能です。挿入タブから行うやり方は、すこし時間がかかるので、その操作方法は課題として残しておきます。

【課題】
  1. 東京スカイツリーは、右クリックをでハイパーリンクを設定してみましょう。
  2. 東京ドームシティーは、「Ctrl+K(Ctrlキーを押した後に、キーボードのKを押す)」を使用してハイパーリンクを設定してみましょう。
※ 課題の内容は動画講座内に解説してあります。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...