Level_033|シート名の変更と着色方法。

動画講座はこちらからどうぞ♪



(以下、ノートです。最終更新日:2015年12月4日)

ここからしばらく簡単な操作が続きます。復習もかねていきましょう。

Excelファイルのことを「ブック」と呼びます。この「ブック」を新規作成すると、設定変更していなければ、「シート」は3枚用意されています。

1枚の「シート」には、1,048,576 行 × 16,384 列 あります ―― こんなのは覚える必要ありません。雑学程度に留めておいてください ―― 画面内の領域というのは、ほんの一握りの範囲なんですね。

さて、3枚ある「シート」。見出し名がそれぞれ設定されていました。



赤い四角内の「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」です。この見出しをそれぞれクリックすると「シート」が切り替わります。このシート名をそれぞれ変更してみましょう。

方法は、以下の2点。

  • 「Sheet1」の上をダブルクリックでカーソルを置き、名前を変更する。
  • 「Sheet1」の上を右クリックで「名前の変更」を選び、名前を変更する。

どちらの方法も、このように黒く選択されます。



あとは「Backspace」キーor「Delete」キーで削除し、名前を変えていきましょう。3つのシートを「日本」「マレーシア」「タイ」と変えていきます。

このあと、各シート見出しに色をつけていきますね。これはシート見出し上で右クリック操作となります。出てきた項目の中で「シート見出しの色」をクリックします。

以下のカラーパレットより、好きな色を設定していきましょう。



シートは色付けしておくと、何かと便利です。



ここで覚える操作はこれだけ。

ちなみに、日本は「赤」の色が設定されています。薄い赤だなー、これじゃあ見えないよ! と、初めて習う方はそこに陥ってしまうのですが、「マレーシア」にシートを切り替えてみます。



切り替わって、アクティブなシートの見出し色が薄くなっているだけです。何度やっても設定されていない! という不安に陥らないようにしましょう ヽ(^。^)ノ




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...