Level_037|シートの追加方法と削除。

動画講座はこちらからどうぞ♪



(以下、ノートです。最終更新日:2015年12月4日)

見出しの操作は、これで最後になります。簡単そうなのですが、すごく大事なポイントです。仕事をしている人は、絶対に覚えてください。

Excelにのみならず、コンピュータには標準装備で「元に戻す」機能が備わっています。操作に失敗したら、ひとつ前の手順に戻す、という機能です。

Excelでは、おもに2通りの方法があります。

  • クイックアクセスツールバーの元に戻すボタン。
  • ショートカットキーの「Ctrl+Z(Ctrlキーを押しながら「Z」を1回押す)」

クイックアクセスツールバーの「元に戻す」ボタンはこちらです。



これを一回押すと元に戻ります。

Excelの場合は優秀なので、100手順ぐらいまで戻ることが可能です。数えたことはありませんがw ただ、元に戻せない動作もあります。それがシートを削除するという行為です。

その操作を説明していきます。同様に、削除したい見出しを右クリックします。



操作手順は非表示と変わりませんが、この削除をクリックすると……。



このダイアログボックスが登場します。

つまり、このダイアログボックスで「データを完全に削除するには」とあるので、この動作を元に戻すことができなくなるのです。だから、この確認画面が出ているというわけですね。この点だけを注意してください。

削除はここまで。

シートの追加方法は簡単です。さきほどからもキャプチャで登場していますが、この太陽のようなマークを1回押せば、新しいシートが登場します。



ショートカットキーは、ポップアップにも出ているように「Shift+F11」となります。まあ、そのショートカットを覚えるが早いか、ここをクリックするが早いか、そちらはお任せいたします。

Level033から037のここまでの作業は、基本操作の中でも基本操作なので定着させてください。それではおつかれさまでしたヽ(^。^)ノ




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...