Fx026_AVERAGEA関数とAVERAGE関数の違いを知りましょう。

AVERAGEA(あべれーじえー)関数について、説明していきます。

この関数は、統計のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


AVERAGE関数と、AVERAGEA関数の設定する引数は一緒です。以下のキャプチャを見ると違いがわかるかと思います。



検証数値の範囲に「データなし」とあるものは、AVERAGE関数では抜いて考えてくれます。けれどもAVERAGEA関数のA=all を意味しているので、「データなし」=0 として計算してくれます。

使用方法を間違えると結果が異なるので注意が必要ですね。

=AVERAGEA(B3:B5)

引数ボックスは改めて説明しなくても大丈夫ですね。



COUNT関数は数値のみ数える関数でしたよね。AVERAGE関数は数値のみ平均を求めてくれる関数ということになります。

AVERAGEA関数はあべれーじえーと読めそうですが、COUNTA関数はカウンター関数と呼ばないよう注意してください。反撃する関数ではないのでw

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...