Fx019_LEN関数はセルに入力された文字数を表示してくれます。

LEN(れん)関数について、説明していきます。

この関数は、文字列操作のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


この関数は、セルに入力された文字数は○文字ですよー、と教えてくれる関数です。関数自体はとても単純です。引数ボックスもそのセルを選択するだけで済みます。

例えば、以下のサンプルデータをご覧ください。



セルB3に記載された「岩手めんこいテレビ」は全部で9文字ですよー、ということです。数式はこのようになります。

=LEN(B3)

セルC3。関数の引数ボックスはこのとおり。



単体で利用することはないかと思います。全体の文字数からFIND関数で見つけた文字数を引いて、左からこれだけの文字数を抜き出す、という合わせ技に用いる関数ですね。

FIND関数とセットで覚えておきましょう♪

簡単な関数ほど組み合わせが必要となる関数です。特に文字列操作の場合にはひとつひとつを理解していないと??状態に陥ってしまいます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...