Fx023_ROUNDDOWN関数は切り捨ててくれる関数です。

ROUNDDOWN(らうんどだうん)関数について、説明していきます。

この関数は、数学/三角のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


この関数は、指定された数値データを切り捨てしてくれます。つまり切り捨てるべき位の数を全部0にする、という意味ですね。



セルB3に記載された「2.236」という数値データにおいて、第二引数が「2」であれば、小数点第2位までで表記し、小数点第3位の値を切り捨てしますよー、という意味です。

=ROUNDDOWN(B3,2)

あとはROUND関数と一緒です。関数の引数ボックスはこのとおり。



構造上は簡単ですけれども、桁数がちょっと間違えそうになります。関数の引数ダイアログには結果が必ず出ているので、ここで忘れずに確認しておきましょう。

ROUNDUP関数をまだ覚えていなければ、合わせてチェックしておきましょう。

財務計算において、税関係は端数を切り捨てる機会が多いかと思います。確定申告されている方などは、所得税の計算で切り捨てた機会はありますよね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...