Fx038_JIS関数は半角英数カナ文字を全角文字に変換してくれます。

JIS(じす)関数について、説明していきます。

この関数は、文字列のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


JIS関数はASC関数の裏です。全角表示したい場合は、この関数が便利です。こちらを利用する機会はいままでなかったんですけどね。

関数の引数は、セルを指定するだけで簡単。



このようにセルB2に入力した半角数字「1234」という文字を「1234」にしてくれる、そんな関数です。文字列操作の関数は、適用後には「文字列」となります。



関数を利用してデータを算出したあとは、値のコピー貼り付け作業を行って、数式から実際の文字へと変換させる必要があります。

ASC関数⇔JIS関数という感じで、セットで覚えておきましょう!

値のコピー貼り付け操作が必要なのは、この関数以外にもたくさんあります。アドインがあれば、それを利用してできるのですが、たいていはこのやり方ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...