Fx046_YEAR関数は年を1~12で返します。

YEAR(いやー)関数について、説明していきます。

この関数は、日付/時刻のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


この関数は日付から「月」だけの数値を出してくれる関数です。例えば2015年3月15日でしたら、2015年の「2015」だけ表示してくれます。

外部データにエクスポートするときのデータ整理で使うのかな? という印象です。



引数ボックスは単純ですね。



このとおりです。特に難しいところはないかと思います。

日付の関数は簡単なのですが、種類が多いので大変ですけれども、それぞれのしっかり覚えておきましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...