Sp009_オートSUMボタンについて

GoogleスプレッドシートにおけるオートSUMボタンについてです。

Excelと同じように、オートSUMボタンはシグマのマークをしております。クリックすると、SUM関数、AVERAGE関数、COUNT関数、MAX関数、MIN関数がすぐに使えるようになっています。

ここはExcelと一緒ですね。



問題はボタンを押した後の動作。



こうなります。自動的に範囲を取得してくれません。

Excelでは、オートSUMボタンを使用すると自動的にこの範囲ですか? と範囲を取得してくれました(セルが隣接していないと、ほとんど取り直す必要があります)が、スプレッドシートはこの機能が最初からないようです。

ボタンを押した後、自分で設定する必要があります。



このようになり、Enterキーで確定すると、計算を求めることが可能です。

選択範囲が多いとき、先頭セルをクリック後、Ctrl キー + Shift キー + ↓ (→)の操作をすることで、一括して範囲を取得することができます。

これはExcelの操作と共通していますね。また、関数を直接文字入力する際、最後の「)」を省略することも可能です。

関数を使う場合は、Excelで関数に慣れておかないと厳しいかもしれません。

※ Google製品はMicrosoft製品と異なり、知らない間にバージョンアップしてしまう製品です。これから記載する内容は、2015年4月 での内容となります。

※ また、このスプレッドシートに関する記事は、ある程度Excelに精通している、というレベルで記載していきます。わかりやすさは追求しますので、ご安心ください。

オートSUMボタンの内容はExcelと一緒です。ただ、スプレッドシートにはどんな関数がたくさん入っているのでしょうか? そこが楽しみですね!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...