Sp015_印刷について。

Googleスプレッドシートの印刷について、比較していきましょう。

出力はあまり強くないのが表計算ソフトです。Excelでも印刷範囲を設定したり、改ページを挿入したり、余白や印刷タイトル行の設定をしたりと、やることはたくさんありました。Wordみたいに、印刷ボタンを押したらA4用紙できれいに出てくる、ということはないんですね。

Googleスプレッドシートでも、印刷関連はこのように簡単なものです。



ここをクリックすると、



このとおり、シンプルなものです。必要項目をチェックして、そして印刷という形になります。印刷プレビューがあればよかったのですが、Googleスプレッドシートでは印刷ボプレビュー画面はなかったです。

できればデータのやりとりというものは、出力せずに済ませてしまいたいものですね。インターネットで作業ができるようになって、紙をどれだけ使っていたのかと知らされますね。できればデータ内で完結できることはデータ内で完結してきましょう。

※ Google製品はMicrosoft製品と異なり、知らない間にバージョンアップしてしまう製品です。これから記載する内容は、2015年4月 での内容となります。

※ また、このスプレッドシートに関する記事は、ある程度Excelに精通している、というレベルで記載していきます。わかりやすさは追求しますので、ご安心ください。

シート操作は基本的なことしかできません。Ctrlキーを利用したシートのコピーなど、かゆいところに手が届く機能がない感じです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...