Level_009|ファイルタブのことをバックステージビューといいます。

動画講座はこちらからどうぞ♪



(以下、ノートです。最終更新日:2015年9月07日)

Level009では、この「ファイル」タブについて説明します。初期値である「ホーム」タブの左側にあるタブ。クリックすると、このような画面になります。



ここでは、以下のことができます。情報からひとつずつ確認していきましょう。いまは確認するだけでOKです。

例えば「新規」を選ぶと、Excelを起動したときの項目画面になりますよね。

  • 情報
  • 新規
  • 開く
  • 上書き保存
  • 名前をつけて保存
  • 印刷
  • 共有
  • エクスポート
  • 閉じる
  • アカウント
  • オプション

一番下のアドインは管理人のノートパソコンだからあるような感じです。普通はなかったり、またメーカーのソフトが上乗せで入っていると、別の文言が見れるかもしれません。

さて、たくさんできる機能が揃っています。簡単に説明すると、作成したデータをどうする? という機能が、この「ファイル」タブに集まっている、といったところでしょう。

この「ファイル」タブとは、Excelの裏で動いているので「バックステージビュー」ともいいます。この言葉を覚えておくとかっこいいので覚えておきましょう。



これらの機能は、バックステージビューが3つに分かれて作動すると思ってください。

目の動きも、①→②→③となります。①で選んだ項目が②に反映され、その詳細やプレビュー画面が③の領域にくる、といったインターフェース(デザイン)になっています。

操作するときも、この順番で行ってください。そうすると覚えが早いと思います。

あとのLevelで行う「ページレイアウト」タブについてや、オプション設定についてなどでも、この「ファイル」タブでの操作がやたらと登場します。こちらでは、こんな画面設計なんだな~という把握で十分です。

それではおつかれさまでしたヽ(^。^)ノ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...