Level_040|表示タブの説明(3)

この仕事では、この表示モードで操作したい! というシーンが出てきます。そんなとき利用できるのが「ユーザー設定のビュー」という機能。

例えば、データ入力作業をすることになったら、表示倍率は「75%」、さらには「C列」で縦に画面を分割して作業をしたい、といった要望があったとします。それ以外の作業は、通常の画面で作業をしたいので、そのときになって設定をしていくのは面倒です。

Excelでは、表示画面を保存して、必要なときに呼び出せる機能があります。それが「ユーザー設定のビュー」というものです。

それでは作業を開始しましょう。まず、作業しやすい画面に設定してからユーザー設定のビューを保存ので、上記例の場合……

  1. 表示倍率を75%にして、
  2. C列を分割します。(※C列を列選択して分割ボタンです。)


以上の設定ができました。この画面を記憶する場所は、「表示」タブの以下の通り。ユーザー設定のビューです。



ちなみに、現在の画面モードは「標準」ビューです。隣の「ページレイアウト」ビューは、ヘッダーとフッターを設定したときの画面モードに切り替わります。「改ページ」というのは、印刷画面を決定するときに使用するものです。余力があったら、あとで切り替えてみてください。最後の「全画面表示」は、その名の通り、全画面で表示します。

すこし脱線しました。ユーザー設定のビューをクリックすると、以下のダイアログボックス画面が登場します。



追加ボタンを押しましょう。



名前をつけます。こんな感じでいいかと思います。入力後、OKをクリックしましょう。何事もなかったかのように画面は戻ります。



このまま思う存分作業してください。そして画面を通常の状態に戻して、また住所入力用の画面を呼び起こしたいとします。



このように、項目に自身の作成した名前がついています。赤い四角で囲った「表示」ボタンをクリックすると……



このように、一気に設定したモードに戻ります。これなら便利ですね。

次のLevelより、数式→グラフのLevelに突入していきます。Excelの本領を発揮する機能満載なので、ぜひぜひこれ以降のLevelもお付き合いくださいませ。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...