Level_049|オートフィルで利用できる相対参照とは?

ここまでで6つの関数を勉強してきました。このLevelでは、関数を使用するにあたって相棒というべき必要操作があります。

それはオートフィル機能です。オートフィル機能を忘れてしまった方は、Level_008|オートフィルについて、もう一度復習してください。

以下の表をご覧ください。SUM関数で、セル「E2」にデータが入力されています。



数式バーで確認すると、セル「B2」~「B5」の合計を求めています。ここまではいいですね? ではSUM関数で、残り3つのセル「C6」「D6」「E6」にも、縦列の合計を算出します。

いちいちSUM関数を呼び出して、範囲を選択し、セル「B6」へ算出したように操作するのか? 確かに関数の便利な機能を使っていますが、同じ動作を繰り返すのは、やはり手間がかかる……。

オートフィル機能。月曜日、火曜日、水曜日……と、連続データを一気に出したようにできないものか?

できるんです! オートフィル機能の本領発揮、といった感じでしょうか? アクティブセルの右下にマウスカーソルを移動させ、セル「E6」までドラッグ&ドロップする。



検算する必要はないのですが、本当にオートフィル機能が働いているのか? 検算してみてください。

  • 20+30+40+50=140 OK!
  • 30+40+50+60=180 OK!
  • 40+50+60+70=220 OK!

問題なさそうですね。問題があったら大変ですw これはどういう仕組みなのか?

オートフィル機能は、連続性を秘めているものに関して、1 2 3 4 5……と、自動的に連続データを記載します。関数を使用した( )内のセル番地にも、連続性を秘めているわけです。そのルールに従い、列位置が右にひとつずれると、ひとつセル番地がずれてくれるのです。

セルB6のSUM関数は……

=SUM(B2:B5)

でした。そしてオートフィル機能により、右に1列ずれた結果は……

=SUM(C2:C5)
=SUM(D2:D5)
=SUM(E2:E5)

と、BCDEと連続データ参照となっているわけです。そのため計算式が表に一致して、一気に答えが算出された、という仕組みになっています。

これを相対する参照方法ということで、相対参照(そうたいさんしょう)と読んでいます。Excelを操作するうえで、重要なキーワードなので、しっかり暗記してください。

相対の反対は絶対です。次のLevelでは絶対参照についてご紹介します。とりあえず、こちらのLevelではここまでの内容です。おつかれさまでしたヽ(^。^)ノ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...