Level_050|相対参照の反対、絶対参照とは?

100Excelも、ここで折り返し地点! Levelはとうとう50に到達しました。初級コースの中でも、相対参照に引き続き、大変に難しいところでもあります。

絶対参照(ぜったいさんしょう)

説明すると、相対参照はオートフィル機能によって、セル番地ひとつの移動で、ひとつずれていきました。その移動が、ときには計算結果に対して不具合を生じさせることがあります。その不具合を解決するため、計算結果を出す数式にちょっとした操作を加えると、その移動を阻止することができます。

その阻止することを、絶対参照に設定する、というような言い方をします。では、以下の画像キャプチャをご覧ください。



販売価格の項目に、定価+消費税を合わせた計算式を入力したいと思います。この場合、数式はどのようになるかというと……

【計算方法】 定価×(1+消費税率)=販売価格

【数式表記】 = B5 × (1+C2)

ですね。数式表記のほうは、いま勉強するので問題ありませんが、Excelはさっと数式を組み立てる算数力がある程度必要です。定価に消費税を加算する計算式がさっと思いつかなかった方は……復習しておきましょう。

では、これをオートフィル機能で、セル「E9」までデータを流した場合、どうなるでしょうか?



このように、めちゃくちゃな結果となりました。

原因を究明するため、ひとつひとつセル「C6」「C7」「C8」を確認していきましょう。セル「C6」はこんな感じです。



1を足すべき消費税率のセルが「C3」となってしまい、空白セルで計算をしてしまっています。ゆえに、「B6」×1という計算式となるので、1000のまま計算結果が返っています。セル「C7」はこんな感じです。



セル「C4」は「販売価格」というタイトルです。#VALUE!というエラーは、数値データとして認識できません! 文字データで計算をしていませんか! というエラー表示になります。

セル「C8」はこんな感じです。



1+770になっているので、べらぼうな数値になってしまっています。

こういった場合、「B6」「B7」「B8」と定価が入力されたセルはひとつずつ移動しても構いませんが、()内の計算式 1+C2 のセル「C2」が移動してしまうと、大問題となります。

ですので、この「C2」を絶対参照に設定して、固定してしまえばいいわけです。では、どのような操作方法で絶対参照にするか? それが以下の手順となります。

① セル「C5」をアクティブセルにする。



② 数式バーに、自分の目をフォーカスにする。

③ C2と表記された場所のCと2の間をクリックする。



④ カーソル確認後、キーボードの「F4(ファンクション4)」キーを押す。



⑤ Enterキー or 入力ボタン(✔)を押して確定する。



$(ドル)マークが入ることで、セル「C2」を固定した、という表現になります。

C列を固定するために $C となり、2行目を固定するために $2 となりました。これが合わさって $C$2 と表記されたわけです。

この状態で、オートフィル機能を使用してみましょう。定価のほうはそのまま相対参照され、1と消費税率の足し算のほうは固定されたままとなります。



セル「C8」を確認すると、きちんと「C2」の「10%」という値で計算されています。これが絶対参照という機能と、設定方法です。

Level050は長くなりましたね。それほど重要な操作だということになります。しっかり設定方法を覚えて、残り半分がんばりましょう! おつかれさまでしたヽ(^。^)ノ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...