Level_062|Excel2013のグラフレイアウト変更(3)

レイアウトボタンについての話は最後となります。

こちらの各項目を再度ご覧ください。グラフの部品を直接選択してもいいのですが、こちらの項目でグラフの部品を正確に選んで、それぞれ設定を変更することができます。



下向きの三角を押すと、以下のエリアがアクティブになります。実はこのグループは、次のLevelでご紹介する「書式」タブと兼用となっています。


こちらの項目を切り替えることで、右サイドバーの設定が変更となります。



塗りつぶしが初期設定で設定されています。枠線の色、枠線のスタイル、枠線の影……と続くので、グラフに対する細かい飾り付け操作(書式)の設定ができるのです。

紹介すると長くなってしまうので、こちらは各自みなさんでご確認をお願いします。ひとつだけピックアップして「サイズ」の項目を確認していきます。



縦横比を固定する、にチェックを入れておくと、高さか幅、どちらか一方を操作することで自動的にリサイズされます。

ここまでで、「レイアウト」タブの説明を終了します。最後に3つ目のタブ、書式タブを説明して、グラフの説明はおしまいとなります。あとひとつです。がんばりましょう!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...