Level_073|ファイル形式をCSVに変更して出力する。

ファイル形式の変更方法です。

引き続いて、CSV形式の出力方法の説明となります。CSVとは「カンマセパレートバリュー」の略でして、別のソフトウェアまたはデータベースに流し込むとき使用します。

Excelは表計算なので、ABCDという列の区切りをカンマに表現して出力する、といった内容となっております。カンマ以外にも、タブ区切りとかもできます。とりあえず、メジャーなカンマ区切りで行いましょう。

以下のデータをCSV形式で出力します。



こんな一覧表があるとします。これをCSVに出力していきます。場所はバックステージビューから「エクスポート」となりますね。



流れは2003形式にする方法と同一です。右側の選ぶ部分だと、下部になりますね。左からクリックしていて、名前を付けて保存に至ります。



ファイルの種類がCSV(カンマ区切り)となっています。間違えて選択してしまった場合、右側にある下向き▼をクリックして、ファイルの種類を変更してあげてください。

なので、これまでの手順のように進まなくても「名前を付けてファイルを保存」を開いて、ここのファイル形式を変えても同じなんです。

管理人の場合、ファイルタブのバックステージビューからファイル形式の変更を選んで、名前を付けて保存という一連の流れを採用しています。

ファイル名は「一覧表」と名付けて、保存をしてみます。



シートが2枚以上ある場合、出力できるのはアクティブな1枚のシートだけ、という意味です。テキストドキュメントでも閲覧できるファイル形式なので、CSVというファイル形式にはシートという概念がありません。メモ帳のファイルを思い出してみてください。

なので、このように聞いてきます。現在アクティブになっているシートが出力されますよ、いま開いているシートの出力で間違いありませんか? ということです。



次の問いかけダイアログボックス。これはExcel2003形式に変更した注意と同じです。CSVファイル形式は、専用ソフトで開いたときにExcelの機能が一部なくなる恐れがありますよ? と聞いています。

CSVに出力できるデータというものは、主に文字データのみです。画像などは無視されます。なのでCSVに出力するデータに、必要のない機能を入れ込むのはやめましょう。

では、実際にCSVデータというものがどういったデータなのかを確認していきます。保存したCSVファイルを開きます。開くときは、メモ帳(テキストドキュメント)で開くといいかもしれません。



CSVは通常開くアプリケーションはExcelに設定されています。メモ帳(テキストドキュメント)で開くと、以下のように表示されます。



これがタブで区切ったCSVファイル形式の正体です。こういう形式にしておけば、汎用性の高いファイルとなって、様々なアプリケーションソフトに入れ込むことができます。

あとのLevelで、このデータをExcelに取り込むという作業もしていきますね。以上が、CSV形式に出力する、という内容でした。おつかれさまでしたヽ(^。^)ノ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...