009_名前の定義

セルの範囲選択だと、どの範囲かを確かめるのに、シートをじっくりと眺めないといけません。売上金額の範囲であれば、名前をつけて範囲を保存したいと思います。

セルF4:F9まで、名前ボックスより「半期売上」と定義してみましょう。



問題ファイルはこちら
さえドリル009.xlsx

さえドリル 動画解説




+アルファのアドバイス。


Excel2007、2010、2013、2016と、すべて共通の操作となります。

名前ボックスの使い方は問題ないでしょうか? 範囲を選択して、そして名前ボックスより名前を記載すると、動画のように数式でも使用することが可能です。

名前で定義されたものですので、引数ボックスに対して日本語入力しても、それは文字列とは扱わないので、ダブルコーテーションは不要なんですね。

大きな表を取り扱う場合、こちらの名前の定義を設定しておくことで、共有したとき力を発揮する機能でもあります。しっかりと設定方法を覚えておきましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...