Excel2016_078|詳細なレコード抽出

2017/01/03

今度は2つ以上のフィルター条件をつける場合、どうしたらいいか? ということを説明します。それでは、以下のデータを作成しましたので確認してください。

この表で、以下の条件でフィルターを適応していこうと思います。

  1. 採用形態が「契約」で
  2. 年齢が20歳以上25歳以下まで

それでは操作を開始します。

フィルターが設定されていることを確認したら、採用形態のフィルターを「契約」で設定していきます。これは先程の「田中太郎」さんを抽出した方法と変わりありません。

次が、新しい抽出方法です。年齢を選択して……

指定の範囲内という条件が合うので、これを選択します。以下のダイアログボックスが出てくるので、以上、以下の項目を埋めていきます。

最後にOKをクリックしましょう。

形態が「契約」で、20歳から25歳までの範囲のレコードが抽出されました。以上、以下という設定が難しいところですが、25歳以上だけであれば「指定の値以上」というところを選べばいいだけなので、落ち着いてフィルタリングしてください。

どれだけ設定をしても、このクリアボタンをひとつ押せばフィルターが解除されます。

つまりは、ひとつひとつ設定していく、ということでした。以上が、詳細なレコードの抽出について、という箇所です。

次は、並び替え作業を行っていきます。

前のページ 次のページへ

一覧へ戻る

広告

書籍

管理人の本が全国一斉販売しております!

できるかぎりわかりやすく、1時間で基本が抑えられるように書き上げました。全国の書店にて一斉販売いたしますので、見かけた際にはお手に取ってくださいませ。

広告