Excel2016_084|カラースケール

2017/01/04

カラーバーに続く2番目の機能「カラースケール」です。データバーと操作はまったく同じ、選択する場所が違うだけなんですね。

カラースケールでは、こんなデータを用意しました。

残金が多い人のセルの色を赤く、残金が少ない人のセルを白くしていこうと思います。残金が多い人から少ない人までのセルの色を、グラデーションカラーで表現します。

データバーと同様、セル「B3」から「B7」までの範囲を選択後、こちらのボタンまで向かいます。

白、赤のカラースケールを選択して、クリックしてみましょう。

このように、残金が多→小順にグラデーションカラーを塗ることができました。

もちろん、この機能も「ルールの管理」から、最大値、最小値を設定することが可能です。選択した範囲の最大値が、一番濃い赤となっています。変更方法はデータバーの操作とまったく同一なので、割愛させていただきます。

これがカラースケールという設定でした。

前のページ 次のページへ

一覧へ戻る

広告

書籍

管理人の本が全国一斉販売しております!

できるかぎりわかりやすく、1時間で基本が抑えられるように書き上げました。全国の書店にて一斉販売いたしますので、見かけた際にはお手に取ってくださいませ。

広告