Excel2016_094|AVERATEIF関数について

2017/01/05

SUMIF(さむいふ)関数ができるようになると、AVERAGEIF(あべれーじいふ)関数もできるようになります。要領は一緒です。

では、SUMIF関数の復習もかねて、操作していきましょう。

ここにA店舗の平均数値を算出していきます。要領は一緒。選ぶ項目が違うだけです。

AVERAGEIFの項目をクリックすると、こちらが登場します。

あとはSUMIF関数と同様です。

  1. 範囲は、何の店舗を検索するか? となります。
  2. 条件は、範囲の中で、平均結果を求めたい店舗を入力します。
  3. 平均対象範囲は、数値のフィールドを選択します。

①と③はマウスで範囲を取る。②は入力。結果は以下の通りです。

A店舗を取り囲むダブルコーテーションは、自動的に付与されます。確認後、OKをクリックします。

これでアクティブセルにした場所へ、A店舗の平均数値が算出されました。

これがAVERAGEIF関数です。まったく方法は同じですね。

前のページ 次のページへ

一覧へ戻る

広告

書籍

管理人の本が全国一斉販売しております!

できるかぎりわかりやすく、1時間で基本が抑えられるように書き上げました。全国の書店にて一斉販売いたしますので、見かけた際にはお手に取ってくださいませ。

広告