Excel2016_022|可視セルについて

2016/12/24

前記事では、列の非表示・再表示を行いました。それに付随して、可視セル(かしせる)という操作方法を覚えておきましょう。

ここは長い講座記事となりますが、耐えてください!

以下の個人情報データがあったとして、このデータからお得意様データと、電話データだけコピーし、セル「G2」を基準に貼り付けたいとします。

表示の都合上3件しか用意していませんが、1,000件あると仮定してください。

まず、余計な列である「C」と「D」列を非表示にします。

次に、セル「B2」から「E5」までを選択し、コピーボタンを押します。

それをセル「G2」に貼り付けた際、問題なく貼り付けられそうな気もしますが……。

こうなってしまいます……。

非表示をしているだけなので、コピーをしようとすると、このように「C」・「D」列にあったものも、選択されてしまっていたのですね。

ということなので、セル「G2」に貼り付けを行うと「郵便番号」「住所」の欄がコピーされてしまいます。

では、非表示をしている箇所を省いてコピーすることは可能なのか? それは可能なのです。見えているところだけを選択する方法が、可視(かし)セル選択というの機能です。

こちらの機能を扱うには手順が多いので、ここは機械的に覚えておくことをお勧めします。

では、セル「B2」から「E5」までを選択するところまで戻っていきます。

再度範囲選択をして、「ホームタブ」の右側、「検索と選択」ボタンより「ジャンプ」を選択します。

登場するダイアログボックスで、「セル選択」を選びます。

さらに出てくるダイアログボックスの「可視セル」にチェックを入れてOKをクリックします。

これで、見えない部分を除去した範囲選択が可能となりました!

ここまでは、範囲選択がされただけです。ここから、コピーの作業に入ります。

お得意様の列と、電話番号の列の間もチラチラしています。確認後、セル「G2」をクリックして、貼り付け操作を行えば、完了です。

これが可視セルという機能でした。大変手順が長い作業なので、覚えるのが大変かと思うのですが、忘れたらまた確認しにきてください。

前のページ 次のページへ

一覧へ戻る

広告

書籍

管理人の本が全国一斉販売しております!

できるかぎりわかりやすく、1時間で基本が抑えられるように書き上げました。全国の書店にて一斉販売いたしますので、見かけた際にはお手に取ってくださいませ。

広告