Excel2016_038|表示タブの機能(1)

2016/12/26

ここで、「表示」タブの説明に移りましょう。

作業をしやすくするための機能が、タブ内の右側にある「表示」タブです。まず、作業画面を横(水平)に分割してみたいと思います。

分割したい行数を選択します。11行目を選択しました。

リボンを「表示」タブに切り替えて、「分割」ボタンを押します。

たったこれだけの操作です。これで、画面が分割されました。

11行目を選択したので、10行目と11行目を境に分割されています。

この切り分け方法は、1ページあたりの印刷範囲はここまでですよ、と命令を出す「改ページ」と同じ選択方法です。改ページについては、あとでご説明します。

また、画面を分割したためにスクロールバーが2つに動いています。アクティブセルがあるほうが動くので、画面下側を操作したくても操作できない! という状況に陥らないよう、気を付けてください。

解除方法は、分割している境界線をダブルクリックするか、もう一度「表示」タブの分割ボタンを押してください。縦に分割したい場合は、分割したい列番号を選択して同様の作業を行うと、縦の分割が可能となります。

前のページ 次のページへ

一覧へ戻る

広告

書籍

管理人の本が全国一斉販売しております!

できるかぎりわかりやすく、1時間で基本が抑えられるように書き上げました。全国の書店にて一斉販売いたしますので、見かけた際にはお手に取ってくださいませ。

広告