セル参照について勉強しましょう。

以下のキャプチャのように、各セルに数値を入れました。

これから、セル「D2」に「B2」と「C2」の数値データを足し算してみます。

左側の数値データを確認しながら、数式を立ててみましょう。

Enterキーで確定します。

きちんと答えが算出され、答えは「110」になりました。

それでは、セル「B2」や「C2」のデータが変動した場合のことを考えてみましょう。

直接セルに数字を入力して計算してしまうと、再度セル「D2」を修正しなければいけません。

そうなると手間がかかってしまうので、セル「B2」または「C2」の数字が変動したら、自動的に数式の結果が反映できるようにしたいですよね。

そこで、計算をセル参照で行う、というわけです。

【操作方法】

  1. セル「D2」をアクティブセルにする
  2. =(イコール)をキーボードから半角入力
  3. セル「B2」をクリック
  4. +(プラス)をキーボードから半角入力
  5. セル「C2」をクリック

以上の操作で、このような状態になります。

各色の四角と、セル番地の文字色がイコール関係となっています。

この場合、セル「B2」の青い四角と、セル「D2」に入力された「B2」という文字色が対応しています。

ここでEnterキーを押すと、答えが算出されます。

Enterキーを押すと、どうしてもひとつ下にアクティブセルが移動してしまうのですが、それが嫌な場合、こちらの「入力」ボタンを押してください。

このボタンを使用することで、入力確定後にもアクティブセルが下に移動することなく確定されます。

また、Enterキーを押して確定する動作を、Ctrl+Enterキーとすれば、アクティブを下に移動せずに確定できます。

このようにセル参照で数式を作成しておけば、例えば「B2」のデータが「10」ではなくて「20」だった場合どうなるか?

入力し直しますね。

自動的にセル「D2」が「120」に再計算されました!

セル「B2」の箱の中身と、セル「C2」の箱の中身を足し算する。

箱の中のデータが変われば、参照先に変更データが転送される。

セル参照はこういったイメージとなります。

Excelでは、このようにセル参照で式を作成することが基本となりますので、しっかり練習して覚えておきましょう。

さえちゃん_01

参照したセルをクリック! これがとっても大事なセル参照です!

記事更新日:2020年4月26日

目次へ 次の講座