ここでは「ファイル」タブについて説明します。

「ホーム」タブの左側にあるタブをクリックしてみましょう。

これをクリックすると、この画面になります。

画面にいろいろな項目が追加されました。

キャプチャに隠れているところも含め、列挙してみます。

  • 情報→ファイル内の情報を操作する
  • 上書き保存→上書き保存をする
  • 名前を付けて保存→名前を付けて保存をする
  • 印刷→印刷する
  • 共有→OneDrive上にファイルを置いて、ワークシートを複数人で扱う
  • エクスポート→PDFのようなデータ形式に出力する
  • 発行→PowerBIなどに接続をする
  • 閉じる→現在のファイルを閉じる
  • アカウント→Microsoftアカウントのライセンスを管理する
  • フィードバック→マイクロソフトにフィードバックを送る
  • オプション→Excelのオプション機能を使ってアプリケーションの細かい設定をする
  • アドイン→Excelにプラスアルファの機能を搭載する

簡単に説明すると、作成したデータをどうする? という機能が、この「ファイル」タブに集まっています。

この「ファイル」タブとは、Excelの裏で動いているので、この画面のことをバックステージビューと呼んでいます。

各項目については、それぞれ必要なときに記載しますので、ここにファイル操作を行うツールが揃っているのだ、という理解のみで大丈夫です。

印刷画面だけ確認しておきましょう。

構造としては、3段構成となっております。

目の動きは左から右へ、という流れになりますので、操作の手順も左から右に、各設定を行うといった具合です。

「ページレイアウト」タブの話になったとき、こちらの画面をよく使います。

ここではファイルタブの中身にある項目をクリックだけして、ざっと確認をしておきましょう。

さえちゃん_03

「ファイル」タブからワークシート画面に戻るときは ESC キーを押してね!

記事更新日:2020年4月29日

目次へ 次の講座