まずは約480ある関数の中で使用頻度No.1となる、SUM(さむ)関数を使って合計を求めてみましょう。

関数を使用する手順は、全部で4パターン(SUM関数のみ5パターン)あるのですが、当サイトではそのうちの1パターンである「数式」タブの関数ライブラリからの出力をメインに説明をしていきます。

まずは、適当にデータを入れておきます。

SUM関数を利用して、セル「B2」「C2」「D2」のデータの合計を、アクティブセルのある「E2」に算出したいと思います。

計算結果を出す、セル「E2」がアクティブセルであることを確認します。

そのあとで、数式タブから緑色の辞書「数学/三角」ボタンを選びます。

ABS ACOS ACOSH……と、ABC順に並んでいます。

SUM関数は「S」のため、スクロールバーを下のほうに移動して、探していきましょう。

ここにあるので、クリックしてください。

クリックすると、関数の引数ダイアログが出てきます。

SUM関数であることを確認。

数値1という引数(ひきすう)ボックスに、なにもしなくても「B2:D2」と範囲が入力されています。

離れた箇所を足し算したいとき、数値2にそのセル範囲を選択しますが、今回は不要です。

ご覧のとおり、Excelは賢いのでわざわざこちらが選択範囲をしなくても、お前はここの範囲を取るだろう! と予測をしてくれています。

しかし、時には意図しない範囲をとってきてしまうので、必ず確認してください。

今回はこのまま「OK」ボタンを押します。

セル「E2」には、計算結果である「113」という数値が返されています。

けれども、数式バーには「=SUM(B2:D2)」という関数を用いた計算式が表記されています。

セルで表示されているものと、数式バーの違い、復習できましたでしょうか?

これがSUM関数です。

ひとまずSUM関数についてはここまで区切りをいれておきます。

さえちゃん_01

SUM関数はSUMMATION(総和)という単語からきています。与えられた条件でただ足し算を繰り返す。あとで説明するギリシア文字Σも、英語だとSに該当する文字のようですね。

記事更新日:2020年5月4日

目次へ 次の講座