SUM(さむ)関数とAVERAGE(あべれーじ)関数について、勉強しました。

=関数名(セル番地:セル番地)

  1. =SUM(A1:A5)
  2. =AVERAGE(A1:A5)

SUM関数の場合、セル番地「A1」から「A5」までの5つの範囲に含まれる数値データを合算します、というものでした。

AVERAGE関数は、セル番地「A1」から「A5」までの5つの範囲に含まれる数値データを平均します、というものでした。

それぞれの英単語を変えることで、仕組みが変わるため、出力される答えが異なります。

では、同じ形式でMAX(まっくす)関数というものをご紹介しましょう。

このA1からA5まで入力されたセルの数値データで、一番数字の大きなものをセルC2に出力したいと思います。

関数ライブラリでは、AVERAGE関数と同じ場所にあります。

範囲は、A1からA5までを選択します。

OKボタンをクリック。

以下、セル「C2」にMAX関数を適用すると、このような結果となり、「441」が出力されました。

5つのセルにある数値「441」が、この中のデータの最大値(さいだいち)なります。

範囲から最大値を探す関数もあるなら、一番小さい数字である最小値を探してくれる関数もあります。

次はMIN(みにまむ)関数をやっていきましょう!

さえちゃん_02

マックス関数! ってなんだか強そうですよね。マックスマックス!

記事更新日:2020年5月4日

目次へ 次の講座