円グラフの場合は、どのようなデータに用いるでしょうか?

先ほどのデータでは、各個人の実績を見たいので、棒グラフが最適でした。

答えから入ってしまうと、円グラフは「100%」の内訳を知りたいデータが適しています。

それでは、以下のデータを参考に見ていきましょう。

渋谷店は、全店舗売上「4,100」のうち「29.3%」を占めている、という表ですね。

各店舗の売上構成はどのようになっているのか? それを視覚的に見たいとき、円グラフは効果を発揮します。

まず、店舗の見出しから終わりまで、「B2:B5」を選択、その後Ctrlキーを押しながら、セル「D2:D5」までを選択します。

棒グラフも円グラフもそうなのですが、合計は含めない、というところがポイントかもしれません。

合計を入れてしまうと、まったくおかしなグラフになってしまいますからね。

2-D円のシンプルな円グラフをクリックすると……

色別、店舗別にデータが表示されています。

ただ、あまりにもシンプルです。

グラフ設定(各パーツの編集)については、あとでまとめて紹介しますが、ここで一度円グラフの中にデータラベルを入れたいと思います。

グラフがアクティブになっている状態(グラフ枠内のどこかクリックしている状態)で、プラスボタンなどが登場します。

データラベルをチェックオンにすると、グラフの上にラベルが表示されました。

また、ラベルの配置も調整ができます。

以上が、基本的な円グラフの操作です。

100%の内訳を見たいグラフは円グラフ、そんなように覚えてください。

さえちゃん_01

円グラフは3つまでの項目が目安かな~。4つ以上になると、割合と言ってもわけがわからなくなっちゃうからね。

記事更新日:2020年5月11日

目次へ 次の講座