グラフに関する設定は、このLessonで最後となります。

こちらも棒グラフのサンプルデータを利用して説明します。

前のLessonでグラフの色変更を行う、または部分的に色変更を行うとき、この書式タブについて少し触れましたが、こちらのLessonではテキストボックスでグラフの説明書きを入れてみましょう。

まず、プロットエリアを選択します。

プロットエリアの選択は、目盛線の間をクリックするとうまく選択ができます。

続いて、グラフエリアの下側に余白を設けるため、プロットエリアを上に寄せます。

書式タブの図形の挿入から、横書きのテキストボックスを挿入しましょう。

作成した余白エリアに文言を入力します。

テキストボックスのフォントとグラフのフォントは、どちらも既定のフォントで挿入されます。

そのため、ワークシートで使用しているフォントに合わせる必要があります。

細かい操作なのですが、少しのことで違和感を与えないような配慮が必要です。

以上、グラフの大まかなLessonでした!

何度も練習しなければ覚えられない項目でもあるので、自分で簡単なデータを作成して、棒グラフ・円グラフ・折れ線グラフを中心に作成の練習を積み重ねてください。

それでは、長く続いたグラフの説明をこれで終わります。

さえちゃん_01

美しいグラフ、わかりやすいグラフを作れる人ほど、できる人に思われます。その逆で、グラフがきちんと作成できる人は表制作もうまいです。見やすい表を作らないと、グラフは作れませんからね。

記事更新日:2020年5月12日

目次へ 次の講座