カラーバーに続く2番目の機能「カラースケール」です。

データバーと操作はまったく同じ、選択する場所が違うだけなんですね。

カラースケールでは、こんなデータを用意しました。

データバーと同様、セル「B3」から「B7」までの範囲を選択後、こちらのボタンまで向かいます。

白、赤のカラースケールを選択して、クリックしてみましょう。

このように、範囲選択した数値の大きいほうから小さいほうに向かって、グラデーションカラーを塗ることができました。

その逆も可能です。

カラースケールというのは、膨大なデータを集めたとき、ヒートマップのように数値が高いところを見てデータの全体の分布を確認するときに便利です。

ただ、専門職以外、あまり使う機会がないツールでもあるので、簡単なご紹介で留めておきたいと思います。

さえちゃん_01

色の区分けもルールの管理からできます。ただ、本当にあまり使う機会はないかなという印象ですね。もし使う機会があったら、そのナレッジをご紹介したいと思います!

記事更新日:2020年5月21日

目次へ 次の講座