Excelは表計算ソフトです。入力データで重要なのは、文字列データよりも数値データということを学習しておきましょう。

文字列データとは「あいうえお」のような入力に対し、数値データとは「12345」というように、計算が可能なデータのことです。

例えばの話ですが……

Excelのセルに入力した文字が間違っていたとしても「ごめんなさい、修正しておきます!」で済みますが、10,000,000円が1,000,000円と桁数が欠けてしまい、取引先と契約とかが進行してしまったら……下手すりゃ、裁判です。

Excelに限らず、このルールはすべての表計算ソフトに当てはまります。文字列データよりも、数値のデータのほうが大事ということです。

  • 数値(すうち)データ
  • 文字列(もじれつ)データ

これらのデータの大きな違いは、計算ができるかできないか。計算ができないものは、すべて文字列データとして扱われます。

Excelには、こんな性質があります。

セル「B2」に「おはようございます。」、セル「C2」に「こんにちは。」と、それぞれ文字列データを入力します。

lesson3_1

セル「C2」のほうは、何もデータが入力されていない「D2」にスペースを間借りしていますが、左側のセル「B2」はそうはいきません。

この場合、右側にデータがある場合、セル幅を超えた文字列は下に隠れる、という性質を持っています。

それに対し、数値データの場合はどうでしょう?

次のセル「B4」は、単に1000000000000000と入力してあります。

lesson3_2

セル「B4」は入りきらないので、指数表示(1E+15=10の15乗)に変換されました。

このように、セルの幅よりもデータが優先となるので、数値データの場合、セル内に隠れてしまうときは何らかのエラー表示をさせます。

上記は指数表示に自動変換するという一例でしたが、このほかにもエラー表示は存在しますので、エラー表示が発生している箇所は、何かしらそのまま表示ができない状態だ、と覚えておくと最初はいいかもしれません。

数値データか文字列データかを判別する簡単な判別方法があります。

以下、「おはよう」と「100」の二つの入力されたデータをご覧ください。

lesson3_3

文字列入力の場合、必ずデータは左詰めで出力され、数値入力の場合は、必ず右詰めで出力されるのです。こちらはしっかりと覚えておきましょう。

記事更新日:2019年1月10日

目次へ 次の講座