いよいよデータを用いて説明していきます。最初は「検索と置換」について。

置換(ちかん)と読みますが、痴漢(ちかん)という単語と同音異義語なので、講師業界では「おきかえ」と呼んで説明をしています。「ちかん」の読み方でももちろん間違いではありませんが、講師で置換(ちかん)と呼ぶと怒られるときがあるんですよね……。

それでは「置換」操作を覚えていきましょう。こんなシーンを想定してください。

上記の表で、商品コードが「1A×××」と記載していたのが、内部的なルール変更に伴い「3A×××」にしなければならなくなった、というケースです。

ひとつひとつのデータを入力し直すのは、とても手間がかかります。そこでExcelの機能を使用して一撃変換をしていきましょう。

「ホーム」タブ > 「検索と選択」ボタン > 置換

では、操作手順をキャプチャにしながらまとめていきます。

データを変更するセルを、アクティブセルとして範囲選択します。

「ホーム」タブ>「編集」グループ>「検索と選択」ボタン>「置換」を選択します。

ホームタブのリボン右側に虫眼鏡マークがあるので、こちらを見つけてください。そちらをクリックすると、以下のように帯が出てきます。

ダイアログボックス(設定するための小窓)が出てくるので、検索する文字列に「1A」を入力し、置換する文字列に「3A」を入力します。

選択した範囲内の「1A」という文字をピックアップして、それを一括して「3A」にしますよーという命令を宣告している状態です。

入力後、上記キャプチャにある「すべて置換」を選択します。すると、このダイアログボックス(小窓)画面中央に出てきます。

OKをクリックして、ダイアログボックスの「閉じる」ボタンを押します。

以下、結果です。置換後、セル「E10」を選択して、選択は解除しています。

このように、どこかセルをひとつクリックして、選択を解除してください(この操作は癖をつけてください)。

これが「置換」という機能・操作方法です。上記操作では「すべて置換」というボタンを押しましたが、「置換」は1件1件置き換えることが可能です。

この操作ができるようになれば、必然的に「検索」の操作もできるようになります。

検索だとどうなるか? 操作手順は「置換」と操作方法は同じなので、どのような結果になるか試してみてください。

どこのセルに検索したデータがあるか? を調べることができます。膨大なデータを取り扱う際に、よく使いますよ。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座