ここからヘッダーフッターの話をしていきます。

小説を読むとき、文章の上余白には「第○章」とか、今読んでいる章のタイトルが記載されています。また、どんな本でも下余白の左右にページ番号が記載されています。

印刷部分上余白の表示領域を「ヘッダー」といい、下余白の表示領域を「フッター」といいました。

Microsoft Office Word では、よく利用されますね。以下、Wordのヘッダーキャプチャとなります。参考までにご確認ください。

Microsoft Office Excel のヘッダー・フッターは3分割されています。

Excelの場合、出力するときはデータとなるので、バージョンだったり、日付だったり、タイトルだったり、ファイル名だったりと挿入する項目がとても多いからです。

これらを組み合わせて使用することで、より資料配布者へ伝えやすいヘッダーを作成できるので、このように3分割されています。

さて、上記のキャプチャは、通常の表示「標準ビュー」と少し異なっています。ヘッダーとフッターを挿入するとき、自動的に「ページレイアウトビュー」になるからです。

ヘッダー・フッターの挿入する手順から説明しましょう。3通り紹介します。

  1. 「挿入」タブ→「ヘッダーとフッター」をクリックする
  2. 「表示」タブ→「ページレイアウトビュー」にする
  3. ステータスバーより「ページレイアウトビュー」にする

ヘッダーとフッターは、画像やグラフの挿入と同じ場所のタブ、「挿入」タブにあります。「挿入」タブに切り替え、以下をクリックすることで、自動的に「ページレイアウトビュー」となります。

切り替わりました。そして、赤い四角部分をご覧ください。

「表示」タブの後ろに、機能専用のタブが登場しました。

ヘッダーフッターを設定するときに使用するタブ。これが「ヘッダーフッターツール」タブです。グラフや図、SmartArt(すまーとあーと)など、「挿入」タブにあるものは、このように新しいタブを登場させます。

それでは「表示」タブでの操作。

この画面が「標準ビュー」と呼ばれる、開いたときの画面です。「表示」タブより、「ページレイアウトビュー」で切り替えることが可能です。

それと同様の操作が3つ目、ステータスバーの真ん中のボタンです。

これらをクリックすると、ページレイアウトビューに切り替わります。

ただし、これらの方法では表示モードを変更しただけなので、ヘッダーフッターツールが出ていません。

へッダーの3か所のどれかをクリックすると「ヘッダーフッターツール」タブが登場します。

初心者の方は、タブがない! と探してしまうので、この方法では注意が必要です。次は、設定方法について説明します。

一度ここで区切りましょう。