講座記事、30記事目! ヘッダーとフッターについては、こちらが最後になります。

Microsoft Office Word でも、表紙を挿入した場合、表紙にはページ番号を入れない、という設定方法があります。表計算ソフトであるExcelにも同じような機能があるので、使用頻度は少ないかと思いますが、ご紹介だけしておきます。

以下、印刷されるデータがあります。これは1ページ目です。

最初のページに表示しない場合、ヘッダーフッターツールの、ここのチェックボタンを押してください。

これで2ページ目以降にページ番号が反映され、1ページ目は非表示となります。また、1ページ目だけ違う項目を選ぶことも可能です。

では、ページ番号をどう調整するか? 先のままでは、表紙のページ番号もカウントされて、ページ番号の1は非表示されていても、開始番号は2からとなってしまいます。

そこはExcelなので、以下の計算式を加えてあげることで、2ページ目を1ページ目に変更できます。方法はこのとおり。2ページ目のヘッダーに移動し、ページ番号をリボンから新たに入れ直し、半角入力で「-1」とすればいいだけです。

次に、奇数 / 偶数ページを別設定をする方法はどうしたらいいか? どのような例かというと、奇数ページは左詰めで表示し、偶数ページは右詰めで表示したいという場合です。

それは先頭ページを別指定したときと同じなのですが……

  • 奇数ページで、このチェックボタンをオンの状態にした状態で、奇数ページのヘッダー / フッターを設定してください
  • 偶数ページで、このチェックボタンをオンの状態にした状態で、偶数ページのヘッダー / フッターを設定してください

ここまでで、ヘッダーとフッターの説明は完了です♪ ここは、ブログでのご紹介が限界があるなと書いていながら気づきましたが……ひとまずおつかれさまでした♪

そしてLevel_030まで、変わらず読んでくださった方、本当にありがとうございます! あと70記事、がんばりましょう!