管理人の事務職時代、よく利用していたOfficeのバージョンはExcel2007でした。

このExcel2007というのが、リリース当初厄介なことに、作業中何度もフリーズ(動作停止)を経験しました。

せっかくデータを入れたのに、ぱぁ~になってしまった回数が多かった記憶があります。なので、2003の改悪だぜ! とよく悪口を言ったものです。

2007の前のバージョンが2003。この2003から2007の移行期、大きな変化がありました。

ファイル形式がxlsからxlsxに変わったのです。

この拡張子の違いとは、ファイルサイズが軽くなって、エラーにも強くなった、とのことですが、本当にそうなのか? と疑問を投げかけたかったです。

その文句はExcel2010以降から、ほとんどなくなりました。すこぶる動作が安定した気がします。xlsxという拡張子の力が発揮できているのかな? と。作業途中にフリーズすることは、まだ経験していないです。ありがたいことです。

どうしてこういう前置きを入れたかといいますと、ここで説明する自動保存のタイミングと自動保存場所。作業途中でのフリーズ対策の機能となります。

Excelの機能の根本を操作するので、「ファイル」タブ内での操作です。「ファイル」タブをクリックすると、最初に「情報」が選択されています。

赤い四角「オプション」をクリックしてください。これをクリックすると、以下のダイアログボックスが登場します。

保存についての機能なので、左側のリストから「保存」をクリックします。

設定を変更するのは、ここ。自動保存のタイミングは「5」分がちょうどいいのではないでしょうか? まあ、これは管理人の思うところです。自動保存のタイミング「1」分とかは、負荷がかかるのでやめてください。初期設定では「10」分となっています。

また、どこに保存されるのか? というフォルダ名がその下に記載されています。

以下の場合、管理人のマシンではあるのですが、

Cドライブ
→User
→Transparently(ユーザー名)
→AppData
→Roaming
→Microsoft
→Excel

という箇所に隠れております。

AppDataは隠しフォルダとなっているため、エクスプローラーの「表示」タブにある、隠しフォルダにチェックを入れておかないと、到達することはできません。

つまり、自動保存が10分に設定していますと、このフォルダに自動的に保存される、ということですね。

10分間を規定としたら、10分1秒後にひょこっと保存されていますよ。

ここに保存されているものが、万一フリーズして強制終了した場合、Excelを再起動すると起動時、左側の画面に「自動回復用ファイルの復元」という項目があります。

そちらをクリックして復元してあげてください。また、復元したファイルは「別の名前をつけて保存」する必要があります。なるべくそういった事にならないといいですけどね。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座