Excelファイルのことを「ブック」と呼びます。この「ブック」を新規作成すると、設定変更していなければ、「シート」は1枚だけ用意されています。

1枚の「シート」には、1,048,576 (行) × 16,384 (列)の「セル」があります ―― こんなのは覚える必要ありません。雑学程度に留めておいてください ―― 画面内の領域というのは、ほんの一握りの範囲なんですね。

さて、1枚ある「シート」。+ボタンを2回押して、シートを3枚に増やしてみましょう。

「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」。この見出しをそれぞれクリックすると、「シート」が切り替わります。

このシート名をそれぞれ変更してみましょう。

方法は、以下の3点。

  • 「Sheet1」の上をダブルクリックでカーソルを置き、名前を変更する。
  • 「Sheet2」の上を右クリックで「名前の変更」を選び、名前を変更する。
  • 「Sheet3」を選択し、「ホーム」タブ→「セル」グループの「書式」→シート名を変更するをクリックし、名前を変更する。

どの方法も、このように黒く選択されます。「ホーム」タブからの操作は手数が多く面倒なので、ダブルクリックか右クリックで操作しましょう。

あとは「Backspace」キーor「Delete」キーで初期シート名を削除し、3つのシートを「日本」「タイ」「マレーシア」と変えていきます。

このあと、各シート見出しに色をつけていきます。

何通りかありますが、一番早い方法は、シート見出し上で右クリック操作となります。出てきた項目の中で「シート見出しの色」をクリックします。

以下のカラーパレットより、好きな色を設定していきましょう。

シートは色付けしておくと、何かと便利です。

ここで覚える操作はこれだけ。

ちなみに、日本は「赤」の色が設定されています。薄い赤だなー、これじゃあ見えないよ! と、初めて習う方はそこに陥ってしまうのですが、「マレーシア」にシートを切り替えてみます。

切り替わって、アクティブなシートの見出し色が薄くなっているだけです。何度やっても設定されていない! という不安に陥らないようにしましょう 。

もうひとつ、「テーマの色」ってなんですか? というご質問もよく受けます。

Excelの初期設定では、テーマの色は「Office」になっています。

イオンとか、ウィスプとか、たくさんテーマがありますよね?

これらを切り替えると、「テーマの色」という配色が変わるものなんですね。WordやPowerpointなどでは必ず説明をするのですが、ExcelではOffice以外に使うことはないかと思うので、このくらいにしておきます。