現在開いているブック(ファイル)を分身させ、シート別にそれぞれ表示させて作業することも可能です。

2つの画面が登場するので、別々のブックなのかな? と感じてしまいますが、分身させただけなので、どちらに入力しても、結果はひとつのブックに反映されます。

「表示」タブより、「新しいウィンドウを開く」ボタンを押します。

ファイル名が記載されているタイトルバーをご覧ください。

簡単なブック名ですが、a.xlsxのあとに「:2」と表記されています。

これはa.xlsxというブックの分身ですよー、ということです。タスクバーにも、2画面が収容されています。

「:1」もありますが、どちらも分身です。どちらがオリジナル、ということではありません。

では「:2」の操作をします。表示タブの右隣にある「整列」ボタンを押します。

こんなダイアログボックスが登場します。

上から下まで、ひとつひとつ確かめてみてください。

上記手順の場合だと、並べて表示と左右に並べて表示が、以下のような画面になります。同じなんですね。

並べて表示と左右に並べて表示、どこが違うのか? ここでは「:3」を作成して表現してみます。画面が3つの場合、並べて比較をすると……

このようなレイアウトになり、左右に並べて比較をすると……

このような違いが出てきます。

:2までしか通常は使わないので、「並べて比較」か「左右に並べて比較」か、どちらでも構いません。

上下に並べ比較というものありますが、データは縦に伸びるものが多いので、あまり使ったことはないですね。

元に戻したい場合は、どちらかのウィンドウを閉じてください。それだけで「:1」または「:2」と記載されたマークが消えて、元通りになります。

同じブックで、違うシートを見ながら操作を行いたい場合には、とても役に立つ機能です。