主要関数は覚えましたが、COUNT関数を覚えたら、こっちも覚えておかないと不便ですのでご紹介します。

COUNT関数は、数値データのみを数えてくれる関数でした。では、文字列データを数える関数はないのか? もちろんあります。

それはCOUNTA(かうんとえー)関数です。Aとは、ALLの意味を持っています。

ですから、この関数は文字データを数えるだけではなく、数値データも数えます。ということから、セルに文字が含まれていれば数える、という関数となります。

以下の例で確認しましょう。結果を求めるセル「D3」をアクティブにします。

商品項目数を、「COUNTA」関数で出します。「数式」タブ→「その他の関数」→「統計」→「COUNTA」と選んでいきます。COUNT関数のすぐ下にあることがわかりますね。

クリックすると、ダイアログボックスが登場します。

数えたい範囲を選択します。

選択方法は同じになります。ただ、タイトルである「商品名」と入力されたセル「B2」を含めないように気を付けてください。

これで、ダイアログボックス内のOKをクリックします。

これが結果の画面です。きちんと「4」という数字が数えられていますね。

では、ちょっとしたテクニックをご紹介します。もし、間違えてCOUNT関数を利用した場合、結果は以下のとおりになります。

ゼロとなってしまいました。COUNT関数からCOUNTA関数への修正方法は簡単です。

数式バーで、COUNTのTの後ろをクリックして、カーソルがくるようにします。

直接入力で「a」と入れてください。特段、大文字である必要はありません。

不完全な式のように思えますが……Enterキーを押して↑ボタン、または入力ボタンで確定してみます。

このようにCOUNTA関数となって確定されました。

関数名に続く()内は共通しているので、この数式バーを書き換えることで、自由に切り替えることが可能なんです。修正するための時短技として覚えておいてくださいね。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座