ここまで、6つの関数を勉強してきました。このブログ記事では、関数を使用するにあたって必要操作があります。

それはオートフィルです。

オートフィルを忘れてしまった方は、008番目の講座ブログ記事を、もう一度復習してください。

以下の表をご覧ください。SUM関数で、セル「B6」にB列の合計が入力されています。

数式バーで確認すると、セル「B2」~「B5」の合計を求めています。ここまではいいですね? では、SUM関数で、残り3つのセル「C6」「D6」「E6」にも、縦列の合計を算出したいと思います。

アクティブセルをいちいち置いて、SUM関数を呼び出し、セル「B6」へ算出したように操作するのか? 確かに関数の便利な機能を使っていますが、同じ動作を繰り返すのは、やはり手間がかかる。そこで活躍するのが、オートフィルです。

アクティブセルの右下、フィルハンドルにマウスカーソルを乗せて、セル「E6」までドラッグ&ドロップする。

結果はこのようになります。

これはどういう仕組みなのか?

オートフィルは、連続性を秘めているものに関して、1 2 3 4 5……と、自動的に連続データを記載します。関数を使用した( )内のセル番地にも、連続性を秘めているわけです。そのルールに従い、列位置が右にひとつずれると、ひとつセル番地がずれていきます。

セルB6のSUM関数は……

=SUM(B2:B5)

でした。そしてオートフィルにより、右に1列ずれた結果は……

=SUM(C2:C5)

=SUM(D2:D5)

=SUM(E2:E5)

と、BCDEと連続データ参照となっているわけです。そのため計算式が表に一致して、一気に答えが算出された、という仕組みになっています。

これを相対(あいたい)する参照方法ということで、相対参照(そうたいさんしょう)と読んでいます。Excelにおいて重要なキーワードなので、しっかり暗記してください。