100Excel講座ブログ記事、51記事目! 折り返し地点の項目は「名前の定義」です。

最初のほうで「名前ボックス」の機能をご紹介しました。セル番地を入力し、Enterキーで確定すると瞬間移動する、というものでした。また、印刷範囲を設定すると、名前ボックスに「Printarea」と登録がなされる、ということでも出てきましたね。

オートフィル機能にも相対参照という強力な機能があるように、この名前ボックスにも名前を定義するという絶大な機能があります。

それでは例題を見ていきましょう。

第一週から第四週まで、1月の合計をセル「G3」に求めると、以下の数式となります。

=SUM(C3:F3)

この引数「C3:F3」の範囲に名前をつけることができます。この範囲に「一月」と名前をつけてあげることで、以下のような表現で数式を組み立てることが可能です。

=SUM(一月)

名前を定義してあげることで、ここの合計はどこの合計なのだろう? と、瞬時にわかりやすくなりますね(※ 名前の定義は、数字は全角であっても使用できません)

それでは、範囲に名前を定義していきます。まず、範囲を取得します。

あとは、名前ボックスをダブルクリックして、一月と入力しましょう。

Enterを押して、確定となります。これで範囲を取り直すと、名前ボックスに「一月」いう名前が決定されました。

例え、離れたセルにいても……

名前ボックスの▼から「一月」を選ぶことで……

瞬時に範囲取得がなされます。これが名前の定義です。

まずはここで一区切り、ここでは、範囲を選択して名前をつけてあげる、という操作方法をしっかりと覚えてください。