名前の定義について、これが最後になります。

設定したのはいいけど、編集と削除はどうしたらいいか? 数式タブの「名前の定義」のツールは、ここに集約されています。

前回、「一月」という名前を定義していきました。それを編集するときは、上記赤い四角の中の「名前の管理」ボタンを押します。

このようなダイアログボックスが登場します。

一月という名前があり、参照範囲は =Sheet1!$C$3:$F$3 となっています。

余計な記号を取っ払うとわかりやすくなります。

= Sheet1 C3 : F3

= Sheet1 にある「C3」から「F3」までの範囲

となります。

では、編集方法をご説明します。ダイアログボックスの編集ボタンを押してください。

範囲を間違えた場合や、名前を変更したい場合は、こちらから編集します。

名前は書き換えれば、名前が変更されます。また、参照範囲を変更する場合、ここのボックスを全部削除して、範囲を取り直してください。

引数ボックスに範囲を選択する方法と同じです。

削除方法は簡単。削除したい名前の定義を選択し、削除ボタンを押せば名前の定義は削除されます。第一四半期の名前を削除したい場合は、選択して削除ボタンで消えます。

以上となります。

これだけ把握していれば、名前ボックスの機能については問題ないありません。3回に続いてご説明しました名前の定義。ぜひとも共有データでご利用ください。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座