前ページで登場した「クラゲ」の画像に、すこしだけ画像処理を行っていきます。Excelで画像処理もできてしまうのですね。

まず、このクラゲの画像の背景色を削除していきます。図を選択した状態で、図ツールを出して、「調整」グループより「背景の削除」ボタンをクリックします。

こんなリボンの中身に切り替わります。

このように、背景色のブルーが紫色になりました。

この紫の箇所が削除される、というものです。一番右側のボタン「変更を保持」のチェックボタンを押したら、背景が削除されるのですが、これでは背景色の青い部分が残っているので、気持ち悪い。

そこで、削除する領域を追加していきます。

このように「削除する領域としてマーク」ボタンを選んで、ポチポチとマウスで青い箇所を削除していきます。ざっくばらんでいいかと思います。

また、クラゲのおしりが切れてしまっているので、きちんと領域を修正しましょう。

これで青い部分を紫色に染める(=背景を削除する)ことができました。それでは最後に変更を保持ボタンを押して、確定してみましょう。

このように、青い背景色が失われました。

これが背景色の削除方法です(雑といえば雑ですが……w)。

意外と使えるので、覚えておいて損はないと思います。もちろん、WordやPowerpointにもまったく同一の機能が備わっているので、確認してみてください。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座