画像の挿入、そして挿入後の画像処理について簡単に述べてきました。

書類を作成していると、なんかこう画像があったらいいのにな。だけど、画像なんて手元にないからな……。そんなシーンがあります。2010までは「クリップアート」と呼ばれているツールでしたが、2013より「オンライン画像」と呼ばれるものが装着されております。

この「挿入」タブにある、「オンライン画像」ボタンを押すと、画像の挿入画面が出てきます。主にBingでの画像検索になるわけですね。

検索ボックスに挿入したい画像を探してみましょう。

検索一覧と、クリエイティブコモンズによって、ライセンスされている画像が出てきました。

使用する場合は、ライセンスに準拠するようにしてくださいとありまして、どれを使っていのか悩む仕様になっております。

最初の一覧で出てくるのは、商用利用や再配布・販売などで利用しなければだいたいOKでしょう。ただ、上の四角内、すべてのWeb検索結果を表示をクリックすると、インターネットからの画像を撮り放題となります。

試しにYujiroSakakiと検索すると、管理人の別のブログにある写真がひっぱってこれるというわけですね。

数年前よりかは検索ヒット率が下がりました。Google検索より、フィルタはかかっていますね。

やはり他人のサイトの写真を勝手に使うのはNGです。オンライン画像は使わず、著作権の確実性のある画像をお使いください。

重要なところでしたので、長々と説明を入れました。画像については以上となります。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座