エクセルのデータは、エクセルでしか利用できません。ただし、エクセルで作成した表は、外部のアプリケーションソフトでも使えます。

よく、CSVでインポートしてください、という言葉を耳にすることでしょう。

このCSVとは「カンマセパレートバリュー」の略で、別のソフトウェアまたはデータベースに流し込むための、ベーシックなファイル形式となります。

つまり、エクセルで利用した表データを、CSVというファイル形式に変換して、他のアプリケーションソフトでも使えるようにしましょう! といったものです。

それではやっていきましょう。以下のデータをCSV形式で出力します。

こんな一覧表があるとします。これをCSVに出力していきます。

「ファイル」タブ→エクスポート→「ファイルの種類の変更」→「CSVカンマ区切り」→「名前をつけて保存」です。スクロールバーは下に移動してください。

※ この操作の手順でも、Excel2003形式に名前をつけて保存ができます。

名前を付けて保存をクリックすると、ファイルを保存する場所を選ぶことができます。

ファイルの種類がカンマ区切りになっていますね。それでは保存を押します。

出力できるのは、1枚のシートだけですよ、という意味です。

テキストドキュメントでも閲覧できるファイル形式なので、CSVというファイル形式にはシートという概念がありません。

なので、このように聞いてきます。現在アクティブになっているシートが出力されますよ、いま開いているシートの出力で間違いありませんか? ということです。

OKをクリックしましょう。

Excelで開いているので、とりあえずExcel画面上で、タイトルバーはCSVとなりましたが、なんら変わっていないように表示されます。

エクセルを終了して、CSVはテキストドキュメント(メモ帳)で閲覧してみましょう。

CSVは通常開くアプリケーションはExcelに設定されています。メモ帳(テキストドキュメント)で開くと、以下のように表示されます。

これがカンマで区切ったCSVファイル形式の正体です。

こういう形式にしておけば、汎用性の高いファイルとなって、様々なアプリケーションに入れ込むことができる、ということです。

記事更新日:2016年12月20日

目次へ 次の講座