エクセルの用意しているデータベース機能の中で、並び替えという方法もあります。

フィルターは「クリア」をすることで元に戻すことができますが、並び替えてしまったデータはそのまま=元に戻らなくなるケースがあるので、お気をつけください。

ではいきましょう。前のデータを引用してご説明します。

今度は以下の条件で並び替えを行います。

  1. グループのABC順(昇順)で
  2. 年齢(上限)の高い順(降順)に

それでは操作を開始します。フィルターが設定されていることを確認したら、以下の赤い四角をクリックします。

並び替えボタンです。以下のダイアログボックスが登場します。

ここで、最優先されるキーから埋めていきます。先ほどの1,2の順番で並び替えの命令をしていきましょう。

まずはグループ名。昇順と降順はどちらでも構わないので、このままにしておきましょう。

項目を選び終えたら、「レベルの追加」を押してください。

次に優先されるキーが登場するので、「年齢」を降順にして、最後にOKをクリックします。

このような結果となりました。

ABC順に並び、Aの並びの中で年齢の高い順となりました。

最後に、並び替えたデータは以下のクリアボタンを押しても、元に戻ることはありません。

レコード抽出と並び替えの違い、間違えないようにしてくださいね。並び替えたデータを戻す場合、元に戻す操作で並び替えを戻すか、ナンバリングされているデータで並び替えるしかありません。

つまり、並び替えて保存し、作業を終了したとします。そのデータが「先着順」で並び直す場合を想定してみてください。もし、上記表に「No」列がなかったら、元に戻す作業もできないため、データは入力順に戻ることはありません。

ここが要注意なのですね。また、並び替えボタンの左側は、各1列を並び替えるボタンとなっています。

「データ」タブの内容について基本範囲となる操作は、以上となります。