AND(あんど)関数について

2017/01/14
AND(あんど)関数について説明していきます。

この関数は、論理のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。



この関数を覚えるためには、ベン図をおさらいしておく必要があります。条件Aと条件Bがあり、そのどちらもクリアした場合にTrueという結果を、それ以外はFalseという結果を出すというものです。

以下、SmartArtのベン図をご確認ください。



大学生を次の条件でクエリするとします。20才以上の学部生は左円、経済学部生は右円になります。20才以上の経済学部生が、円と円が重なっている部分というわけです。

この重なった部分を「真(TRUE)」とする、という定義なんですね。

=AND(B3>=80,C3>=80)

セル「B3」のデータが80以上であること、セル「C3」のデータが80以上であること。この2つの論理式をクリアしていればTRUE 。それ以外はFALSEとなり、関数の引数ダイアログは以下の通りです。



ただ、結果がTRUE、FALSEと判定するだけで用いるシーンはあまりありません。



ほとんどのケースが、IF関数と合わせて使います。ネストして使うといいます。上記の場合、検証数値Aと検証数値BがTRUEだったら「成功」。FALSEだったら「失敗」という言葉を返す。


さらにIF関数の利用用途が広がりますね!