NOW関数

2017/01/17
NOW(なう)関数について、説明していきます。

この関数は、日付/時刻のカテゴリーに属しています。関数の挿入ダイアログボックスでは、この位置にありますね。


OKをクリックすると、すぐにこのメッセージが登場します。


この関数に引数は不要ですよーということ。なぜなら、現在の時刻を出してくれる関数なので、こちらから設定する必要はないのです。TODAY関数と同様ですね。

数式は以下のようになります。

=NOW()

OKをクリックすると、このとおり西暦表示で出てきました。このブログを投稿した日時が13時18分だったというわけですね。



引数は可変なので、もちろん明日このExcelファイルを開いたら、明日の日付に自動変換されている、というわけです。目的に応じて利用してみてください。